「5時から9時まで」のロケ地・あの寺はどこ?潤子と高嶺のお見合いした料亭は?

「5時から9時まで」のロケ地・あの寺はどこ?潤子と高嶺のお見合いした料亭は?

今、私が一番楽しみにしているドラマは、月9の「5時から9時まで」です♪

石原さとみさんと山下智久さんの、心ときめくラブコメディー!
原作ファンでもあるので、絶対に見逃せないといった感じですね。

第1回目の放送を終えて、「5→9」のロケ地が気になりました。
いったい、あれはどこで撮影しているんでしょうか。

私が「ここ、どこ!?」と最も気になったのは、高嶺のお寺である一橋寺と、潤子と高嶺がお見合いした高級料亭です。

機会があったら、行ってみたいな~と思い・・・
頑張って調べてみましたよ。

 

【スポンサードリンク】

 

「5時から9時まで」のロケ地・高嶺の寺の一橋寺はどこ?

山下智久さん扮する星川高嶺は、僧侶という役どころ。
ドラマの舞台の1つとして、お寺がよく登場します。

かなり立派なお寺ですが・・・
いったい、どこのお寺を使っているのでしょうか?

一橋寺のロケ地は、埼玉県飯能市にある能仁寺です。
武陽山の山麓にある、曹洞宗のお寺ですね。

とても立派で、雰囲気のあるお寺ですよ。

「池泉鑑賞蓬莱庭園」という面積324坪の庭園があり、四季折々には様々な表情を見せてくれます。
休日には、カメラをかかえた人で賑わうこともしばしばあるのだそう。

10月下旬~11月中旬は、紅葉が見頃の時期を迎えますし、ドラマで注目されたこともあって、更に混むのではないでしょうか。

庭園および本堂拝観料は、お一人様300円。

最寄駅は、西武池袋線の「飯能駅」で、北口から徒歩約20分で行けます。
もちろん、バスも出ていますよ。
タクシーなら駅から5分で行けますので、これはちょっと出かけてみたいですね!

 

【スポンサードリンク】

 

「5時から9時まで」のロケ地・潤子と高嶺が見合いをした高級料亭はどこ?

それでは、次に潤子と高嶺の見合い場所となった、高級料亭のロケ地の紹介です。

誕生日のお祝いをしてくれると、家族にまんまと騙された潤子。
ウキウキしながら、高級料亭に入ります。

しかし、待っていたのはお見合い相手の星川高嶺・・・!

これ、超ビックリしますよね!!(笑)

この高級料亭は、東京都港区白金台にある「八芳園料亭壺中庵」がロケ地として使われました。

“八芳園”という名前が入っているだけあって、結婚式なども行われています。
気軽に食事に入れる所ではありません。(苦笑)

お部屋はそれぞれ、

1階

・蘭の間(洋間 10~16名)
・牡丹の間(座敷 20~30名)
・桐の間(掘りごたつ 6~10名)
・松の間(座敷 25~50名)
・紅葉の間(堀ごたつ 4~8名)

2階

・萩の間(座敷 4~8名)
・月の間(座敷 2~4名)
・五月の間(洋間 4~8名)
・山茱萸の間(堀ごたつ 10~16名)
・藤の間(座敷 10~20名)
・桜の間(堀ごたつ 4~8名)

となっています。

和風建築の素敵な料亭ですが、撮影にはどのお部屋が使われたのでしょうか?
でも、あの蟹は本当に美味しそうでしたよね!

 

「5時から9時まで」その他のロケ地をご紹介!

それでは、「5時から9時まで」(第1話)その他のロケ地を、ザッとご紹介しておきましょう。

潤子が英会話講師を務める「ELA英会話学校」・・・東京都渋谷区神宮前5丁目にある「日本看護協会ビル」(最寄駅は表参道か明治神宮前)

潤子の自宅(団地)・・・千葉県千葉市美浜区の「稲毛高浜北団地」

潤子の自宅近所の商店街・・・東京都荒川区の「はっぴいもーる熊野前商店街」

潤子の勤め先が表参道ということで、ここでの撮影は結構多いのかな?

潤子が公園のベンチで、ランチにおにぎりを頬張っていましたね。
これは、東京都渋谷区神宮前の東急プラザ表参道原宿・6階屋上テラスにある、「おもはらの森」の森が使われたようです。

ドラマ「5時から9時まで」は、原作のコミックとは随分イメージが変わっています。
でも、石原さとみさんと山下智久さんのコンビなら、この雰囲気の方がピッタリくる感じですね。
どちらも、それぞれ面白いですよ♪

さて、今夜(第2話)は、どんな展開を迎えるのでしょうか?
チョー楽しみです!!!

 

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*