孤独のグルメ5【台湾羅東編】三星葱の肉炒めと豚肉の紅麹揚げ

孤独のグルメ5【台湾羅東編】三星葱の肉炒めと豚肉の紅麹揚げ

10月23日(金)放送の「孤独のグルメ5」(テレビ東京系)で、我らが五郎さんは遂に海外進出を果たします!

場所は、台湾・・・

この台湾編は、4話と5話(10月30日)の2回に渡って、放送されますよ♪

同シリーズでは、初となる海外。
井之頭五郎役の松重豊さんも、「本当に美味しかったぁ!ごちそうさまでした!!」とコメントしていました。

今回、舞台となるのは、観光地としても人気の台北のほか、北東部に位置する宜蘭県。

私、台北は行ったことがあります。
本当に、台湾には美味しいものがイ~ッパイあるんですよね!

五郎さんも、異国情緒溢れる数々の料理を満喫した模様です。
屋台グルメをハシゴしたり、北京語のメニューしかないお店で、漢字からその料理を想像したりと、日本編にはない醍醐味が味わえそう♪

4話で放送される「台湾羅東編」では、三星葱の肉炒めと豚肉の紅麹揚げがメインのようですね。

私たち視聴者も、五郎さんと一緒に台湾グルメを思いっ切り(目で)楽しんじゃいましょう!

 

【スポンサードリンク】

 

「孤独のグルメ5」台湾羅東編(第4話)のストーリーは?

コチラは、第4話の予告編です! ↓

「チョーハオツー!」とご満悦の五郎さん。

台湾羅東編の4話のストーリーは、こんな感じです。

来春パリで開催されるアジア物産展の企画ブレーンを任された井之頭五郎(松重豊)は、視察のため、生まれて初めて台湾へ行くことに。

ところが、台湾出張を聞きつけた得意客の山村(竜雷太)に、宜蘭の田舎町に留学している孫娘・貴子(大久保麻梨子)への届け物を頼まれる。

台湾に到着した五郎は、早速、孫娘が働くとある文化館へ向かう。

五郎は無事貴子と会うが、その届け物の中身とは・・・?

任務を終えた途端、腹が減った五郎は、羅東に立ち寄る。

何を食べたらいいか右往左往していると、ある店の真っ赤な看板、おいしそうな字体、≪三星葱≫なるメニューを発見!

気になって店内に入るが、日本語の説明は一切なし。
漢字で北京語のメニューを解読しようとするが・・・

今回のゲストは、山村役の竜雷太さんと、その孫娘・貴子に大久保麻梨子さんです。

その他、
店の客1・・・NUENUE(ニューニュー)(ウェザーガールズ)
店の客2・・・RIA(リア)(ウェザーガールズ)
が出演します。

またこの台湾編では、「孤独的美食家」(孤独のグルメの台湾版)の主人公・伍郎を演じるウィンストン・チャオさんも登場するそうですよ!

五郎

2人の食事の競演シーンが拝めるそうなので、4話と5話は絶対に見逃せませんね!!

いつもの夜食テロが、更にパワーアップしそうな予感?
ドカン!と爆弾を落とされても困らないように、夜食を準備して待機しておいた方がいいかもしれませんよ!?

 

【スポンサードリンク】

 

孤独のグルメ5【台湾羅東編】でのロケ地は?

孤独のグルメ5の第4・5話の台湾編は、以下の場所で撮影されたようです。

国立伝統芸術センター
礁渓温泉公園
羅東駅
羅東夜市
中山公園

台北市では、大稲埕(今では迪化街と言われている)エリアで孤独のグルメのロケが目撃されています。
「永楽市場」の真南にある、「永楽市場清粥小菜」というお店が使われたみたいですね。

ツイートから、10月上旬にロケが行われたことが分かります。

清粥小菜は、地元の人がよく利用するお店です。
こちらでは、美味しい朝粥がいただけるんですって♪

台湾では、朝ご飯はホテルではなく、外に食べに出かけるのがオススメです。
清粥小菜も朝6時頃から開いているので、地元の朝ご飯が楽しめますよ。

ところで、三星葱の肉炒めと豚肉の紅麹揚げは、どこで登場するのでしょうか!?

三星葱は宜蘭市の名産ですから、ここを訪れた時に食べるのかな?
三星葱を使った葱餡餅が人気で、どうやら五郎さんも食したようです。

国立伝統芸術センターでは、糖葫蘆を食べたという情報も!
※糖葫蘆とは、サンザシなどの果実を串に刺し、飴を絡めたお菓子。

海外が舞台ですから、五郎さんもいつもとは勝手が違うのではないでしょうか?
そんなところも含めて、今回の台湾羅東編を楽しみたいですね♪

 

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*