ドラマ「無痛」の結末は?イバラ(スキンヘッドの男)が実行犯で黒幕は白神!無痛症と刑法39条を上手く利用したトリックとは

ドラマ「無痛」の結末は?イバラ(スキンヘッドの男)が実行犯で黒幕は白神!無痛症と刑法39条を上手く利用したトリックとは

水曜日の夜10時から放送中のドラマ「無痛~診える眼~」(フジテレビ系)が、毎週楽しみです♪

私は原作を読んでいませんが、評価も高いですし、面白いのだろうなと思います。

ただ、かなりグロテスクな描写が多いと聞いているので・・・
残念ながら、手を出してはいません。
そういうの、苦手なんですよね。(苦笑)

でも、原作を読んだという友人から殆どのあらすじを聞いてしまい、大まかな内容と結末は知っています!
このストーリーを、ドラマでどう料理していくのか、非常に興味深いですね。

原作「無痛」の結末のついては、既にこちらの記事で触れています。

ドラマ「無痛」は原作の評価がメッチャ高い!犯人のネタバレもしちゃいます!!

この記事では、「一家惨殺事件の犯人は、白神陽児(伊藤英明)」だとお伝えしましたが、これだとまだ不十分ですね。
実は、白神陽児はこの事件の黒幕であり、実行犯がイバラなのです。

イバラ・・・そう、スキンヘッドのあの男ですね。
演じているのは、中村蒼さんです。

今回は、原作「無痛」の結末を、もう少し詳しくご紹介したいと思います。

※知りたくないという方は、ここでサヨナラです!

 

【スポンサードリンク】

 

ドラマ「無痛」でグローズアップされる“無痛症”と“刑法39条”!

このドラマ「無痛」で出てくる“犯因症”は、原作上で作られた設定であり、造語です。

しかし“無痛症”の方は、実在します。
読んで字の如く、痛みを感じないという症状です。

白神メディカルセンターで清掃員をしているイバラ(原作では、伊原忠輝という名前です)が、先天性無痛症ですね。

体の痛みはもちろん、心の痛みも感じません。
(これはイバラ特有のもので、全ての無痛症患者がそうではないと、注意書きがされているようです)

このイバラが、一家惨殺事件の実行犯です。

そして、彼を裏で操っている黒幕が、白神メディカルセンターの院長・白神陽児というわけですね。

白神は、被害者の主人に恨みを持っていました。
要するに、怨恨です。

しかし、自分で手を下したわけではないですから、白神に犯因症は出ていないということになります。

またイバラ自身も、心に痛みを感じないのですから、犯因症は出ていないのでしょう。

白神は、イバラが犯行に及ぶ前に、大量の薬を投与します。
そのせいで、イバラは犯行時の記憶を失ってしまい・・・

結果、こうなります。

【刑法39条】

1.心神喪失者の行為は罰しない。
2.心神耗弱者の行為は、その刑を軽減する。

この法律により、イバラは無罪放免・・・病院送りになります。

黒幕である白神陽児は、海外へ逃亡。
イバラも病院から逃げ出しました。

原作は、ここでジ・エンド。

何とも、後味の悪い終わり方ですね。

しかしこれは、イバラの無痛症と刑法39条を実に上手く使った、トリックのような犯罪だと言えるでしょう。

犯人が、ドラマで変わることはないと思います。

願わくば、ドラマの結末は・・・もう少しスッキリと終わらせてほしいですね。

 

【スポンサードリンク】

 

“刑法39条”は廃止すべきか!?

ところで、あなたはこの“刑法39条”をどう思いますか?

もし、自分が被害者(もしくは被害者の家族)なら、絶対に廃止すべき法律だと思うでしょう。
伊藤淳史さん演じる早瀬順一郎刑事も、「こんな法律は絶対におかしい!」と、いつも憤慨していますよね。

このドラマのように、“刑法39条”を悪用しようとする輩がいることも事実ですし。

でももし、自分(もしくは自分の家族)が本当に心神喪失状態で、何らかの罪を犯してしまったとしたら・・・

やはり、少し見方が変わるかもしれません。

考える

個人的には、どんな状態であっても、人を殺めてしまったら・・・
その償いは、絶対にすべきだと思います。

しかし、真に殺意のある人間といっしょくたにしてしまうのは、 ちょっと悲しいですよね。

100%間違いのない精神鑑定が出来れば、まだ諦めもつくのでしょうが、そうでないところに苛立ちを覚えます。

本当に、難しい問題ですね。

それにしても、こういったドラマは貴重だと思います。

法律について、色々と考えることなんて・・・
私のようなアラサー女子は、めったいにないことですから!(笑)

 

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*