五郎丸の嫁の画像はこれだけ!表に出さない理由はストーカー対策だった!!

五郎丸の嫁の画像はこれだけ!表に出さない理由はストーカー対策だった!!

今や大人気の、ラグビー日本代表・五郎丸歩選手(29)。

本業・ラグビーでの活躍もさることながら・・・

プロ野球の日本シリーズで始球式を務めたり、映画「トランスポーターイグニション」の舞台挨拶イベントに出席したりと、もう大忙し!

各報道番組でも、引っ張りだこです。(笑)

そんな五郎丸選手のお嫁さんて、いったいどんな人なのでしょうか?

巷では、モデルだとかハーフだとか騒がれていましたが・・・
どうやら、一般女性のようですね。

現在、お子さんが2人いるので、専業主婦として家族を支えているようです。

ところで、どんなに探しても、五郎丸選手のお嫁さんの画像が見つかりません!

でも、たった1枚だけ・・・
幼稚園の運動会での画像がありました。

後姿なので、顔は全く分かりませんが・・・
多分、美しい方なのだと思いますよ♪

 

【スポンサードリンク】

 

五郎丸の嫁の画像はたったの1枚!その理由はストーカー対策だった!!

それでは、五郎丸選手の嫁画像をお目にかけましょう!
たった1枚しかない、貴重な画像です!!

この写真は、五郎丸選手の住んでいる静岡で、長男が通う幼稚園の運動会に参加した時のものです。

五郎丸選手の身長は、確か185cmでしたから・・・
お嫁さん、結構背が高いですね。

お子さんを抱っこしているし、とてもラフなスタイルなので、ハイヒールを履いているということはないと思います。

165cmは、超えているんじゃないかなぁ?

ところで、五郎丸選手はブログとTwitterをやられてますが、お嫁さんはもちろん、お子さんのことも一切表に出していません。

スポーツ選手って、割と家族の写真を公にしているんですけどね。

五郎丸選手は、(公私をハッキリと分けたいタイプなんだなぁ)と思っていたら・・・
一番の理由は、どうやらストーカー対策だったようです。

五郎丸選手は、過去にファンからストーカーをされていたことがありました。
そして、その被害がお嫁さんにまで及んでしまい、
「彼女には、もう二度とあんな思いをさせたくない。」
と思ったのだそうです。

スポーツ選手も、芸能人と同じですからね。
人気が出れば出ただけ、マイナス要素も増えていくのでしょう。
(コワ~イ!)

確かに、そんなことがあれば、家族を危険にさらしたくはありません。
お嫁さんや子供たちの画像は、絶対に出したくないでしょうね。

ただ、こういった話を聞くたびに、ストーカーなんていうことをする人たちに怒りが湧いてきます。

私たちは、“理性”があるから人間なんです。
理性を失ったら、もう人類じゃありませんよ!

話が反れてしまいましたが、五郎丸選手のお嫁さんは、こんな芸能人に似ているというウワサですよ。

・長谷川潤
・篠原涼子
・吹石一恵

みなさん、キレイな方ばかりですが・・・
全然タイプが違いますね。

どんな方なのか、全く想像が出来なくなりました。(苦笑)

でも、あの五郎丸選手が選んだ女性ですから、外見だけでなく、中身も美しい女性なのだと思います。

お二人は、大学を卒業したと同時に、ご結婚されたのだとか。
きっと、夫婦として一生仲睦まじく過ごされるのでしょうね。
本当にうらやましいです!

 

【スポンサードリンク】

 

五郎丸選手が映画「トランスポーターイグニション」で初の舞台挨拶!

映画が大好きな私♪
近々、「トランスポーターイグニション」を観に行く予定です。
(鑑賞後、感想記事をアップしますね!)

その「トランスポーターイグニション」の公開記念イベントで、五郎丸選手が舞台挨拶に登場しました。

この映画の日本版主題歌「IGNITION」は、EXILE・SHOKICHIさんが歌っています。
二人で並んでいる姿を見ると、もう「キャアァァァ~ッ♪」という感じですね。(笑)

五郎丸選手は、映画のタイトルの「イグニション(点火)」にちなんで、「日本人のハートに火を付けた人物」として、ゲストに招かれたのだそう。

試合より緊張したという五郎丸選手は、こんなコメントをしていました。

「トランスポーター」シリーズは、プライベートで1から全て観ています。
最新作の「トランスポーター イグニション」は、主人公が替わって、雰囲気も変わりましたけど、期待通りの面白い作品でした。
車が好きなので、カーアクション全てに刺激を受けました。

そう、今回のトランスポーターは、主演のフランク役がジェイソン・ステイサムからエド・スクレインに替わっているんですね。

五郎丸選手が太鼓判を押した「トランスポーターイグニション」を、私もメイッパイ楽しんで来たいと思います♪

 

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*