「下町ロケット2ガウディ計画」の感想が熱い!ドラマも原作本も両方楽しもう!!

「下町ロケット2ガウディ計画」の感想が熱い!ドラマも原作本も両方楽しもう!!

現在、日曜劇場で放送中のドラマ「下町ロケット」(夜6時~TBS系)

私は、毎週楽しみにしている視聴者の一人です。

視聴率も、好調のようですね♪

第1話:16.1%
第2話:17.8%
第3話:18.6%

と、右肩上がりですよ!

第4話は、17.1%と若干下がりましたが、裏番組で「世界野球プレミア12」の日韓戦(テレビ朝日系)を放送していたので、ここは小休止といったところでしょうか。

でも、ドラマ自体はますます面白くなっているので、今後は更に期待が出来るのではないかと思います。

さて、「下町ロケット」の原作は、池井戸潤さんの直木賞受賞作ですが・・・
11月15日に、続編である「下町ロケット2 ガウディ計画」が発売されました!

ドラマ「下町ロケット」では、後半パート(第6話~)に、この「下町ロケット2 ガウディ計画」の内容が織り込まれます。

小泉孝太郎さん(37)が、阿部寛さん(51)演じる町工場の社長・佃航平の前に立ちはだかる最強の敵“ラスボス”として登場!
初の悪役に挑戦するという、興味深い話もありますので、ますます目が離せないといった感じですね。

世良公則さん(59)も、佃と敵対する心臓外科医役で登場することになっているんですよね♪

ところで、あなたは「下町ロケット2 ガウディ計画」を、もう読みましたか?

私は・・・まだなんです。
ちょっと出遅れてしまいましたが、楽天でポチッてはいますので、もうじき読むことが出来そうですよ。

それにしてもこの原作本、もの凄く評価が高いんですよね。
次は、「下町ロケット2 ガウディ計画」の評価(熱い感想?)をご紹介したいと思います。

 

【スポンサードリンク】

 

「下町ロケット2 ガウディ計画」の感想が熱い!やっぱり池井戸潤は面白い♪

それでは、「下町ロケット2 ガウディ計画」の熱い感想をまとめておきましょう。

・一気に読んでしまいました。また寝不足です!

・池井戸潤さんの作風は、非常に読みやすい。どんな苦境に陥っても、最後はハッピーになれるので、どこかホッとします。

・年甲斐もなく、泣いてしまいました。

・「下町ロケット2」でも、財前部長は頑張ってます!おいしいところで、神谷弁護士も登場します!!

・フォルクスワーゲンのデータ不正や、朝日化成建材のデータ流用・・・「ものづくり大国」日独の屋台骨を揺るがしかねない事件が起こっている中、また、池井戸潤氏による素晴らしい本が出版されたことを、心からお喜び申し上げます。

・ハラハラドキドキする展開です!

・その正直な仕事ぶりの勝利に、喝采!多くの日本人に読んでほしい一冊です。

・こんなのズルいです。面白いに決まってます。

・明日から真面目に働こうという気にさせてくれる小説だ。

・今まで銀行についての作品も多かった池井戸潤さんですが、これもなかなかの読み応えがあります。

・「下町ロケット」を読んだ人は、読まないと損をします!

・「現実はもっとキビしい」なんて言うのは、ヤボというもの。物語に浸って、爽快感を味わっていただきたいです。

・気分転換に最適な一冊!

・半沢直樹シリーズのロスジェネの逆襲に通ずる面白さを感じた。

・傑作と呼ぶに、ふさわしい作品だと思います。

・ラストの場面は、3回読み直しました!

・ロケットから医療へ・・・ビジネスに大切なものは何か?を思い出させてくれます。

・興奮しました!!

・最後まで、ドキドキが続きます。

・前作を上回る感動と面白さが詰まっています。一気読み必至!

・TBSドラマ版のキャストの顔がチラつくけれど・・・それもまた良しです!

 うっひゃあ~・・・!!
これは、かなりの高評価ですね。

ますます、読むのが楽しみになってきました♪
私の感想は、また改めて別記事で紹介させていただきますね。

それでは最後に、「下町ロケット2 ガウディ計画」の簡単なあらすじを。

その部品があるから、救われる命がある。
ロケットから人体へ――。佃製作所の新たな挑戦!

ロケットエンジンのバルブシステムの開発により、倒産の危機を切り抜けてから数年。
大田区の町工場・佃製作所は、またしてもピンチに陥っていた。

量産を約束したはずの取引は試作品段階で打ち切られ、ロケットエンジンの開発では、NASA出身の社長が率いるライバル企業とのコンペの話が持ち上がる。

そんな時、社長・佃航平の元にかつての部下から、ある医療機器の開発依頼が持ち込まれた。
「ガウディ」と呼ばれるその医療機器が完成すれば、多くの心臓病患者を救うことが出来るという。

しかし、実用化まで長い時間と多大なコストを要する医療機器の開発は、中小企業である佃製作所にとって、あまりにもリスクが大きい。

苦悩の末に佃が出した決断は・・・

医療界に蔓延する様々な問題点や、地位や名誉に群がる者たちの妨害が立ち塞がる中、佃製作所の新たな挑戦が始まった!!

このあらすじを見る限り、テーマがロケットから医療に変わって、佃製作所の戦いが未だに続いていることが分かります。

本当に面白くて、アッという間に読破してしまいそうな感じですが・・・
「下町ロケット2 ガウディ計画」とドラマを、一緒に楽しんでいきましょうか。

あー・・・幸せ!
下町ロケット、万歳です!!

 

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*