紀里谷和明「ラストナイツ」の評価はいかに!?伊原剛志はハリウッド版忠臣蔵で清水一学を演じていた

紀里谷和明「ラストナイツ」の評価はいかに!?伊原剛志はハリウッド版忠臣蔵で清水一学を演じていた

映画「ラスト・ナイツ」を観て来ました。

「CASSHERN」や「GOEMON」の紀里谷和明監督が、ハリウッドデビューを果たしたアクション作品です。

ストーリーのベースは、日本人にはおなじみの「忠臣蔵」。

何かで、「アクション・ファンタジー」と読んだような気がしますが・・・
海外では、忠臣蔵もファンタジーになってしまうのでしょうか?(笑)

この「ラスト・ナイツ」には、日本人俳優の伊原剛志さんも出演しています。
脇役ではなく、「忠臣蔵」で言うところの清水一学です。

かなり、おいしい役どころですよね♪

今回は、この「ラスト・ナイツ」の評価や感想について書いてみたいと思います。

 

【スポンサードリンク】

 

映画「ラスト・ナイツ」は忠臣蔵そのもの!?

ではまず、「ラスト・ナイツ」のストーリーを、簡単にご紹介したいと思います。

狡猾な政治家が台頭し、戦士たちが追いやられようとしている帝国。
ある日、強欲な大臣から賄賂を要求される、バルトーク卿(モーガン・フリーマン)は、それを断った上に彼に刃傷し、反逆罪に問われるという事件が起きる。
その後死刑判決が下され、自身の愛弟子あった騎士ライデン(クライヴ・オーウェン)の手で斬首されてしまう。
バルトーク卿の領土は解体となり騎士と民は追放させられることに。
1年後、ライデンはやめていた酒に溺れる毎日を送り、他の騎士たちも刀を捨てていた。
だが、その裏で彼らは主君バルトークの敵を討ち、堕落した権力者たちへ報復する計画を進めていた・・・

「ラスト・ナイツ」の予告編 ↓

このあらすじを読んだだけで、「忠臣蔵だな!」と分かる人は多いと思います。

私は鑑賞前から、この映画のストーリーが、「忠臣蔵」がベースになっていることを知っていましたが・・・
一緒に行った友人は、全く知りませんでした。

終演後、彼女に聞いてみたんです。
「忠臣蔵の話だって、気付いた?」って。

そうしたら、
「もちろん、気付いたよ。バルトーク卿が斬首されて、“これ、絶対仕返しされるよな。でもそれって、忠臣蔵じゃん!”て思ってさ。そしたら、ホントにそうだったんだね」と彼女。

まぁ、あの話を知っていたら、誰でも気付くストーリー展開ですからね。

私は、子供の頃から「忠臣蔵」に触れる機会は多かった方です。
何せ、父と祖父が大ファンでしたから!
年末になると、忠臣蔵の季節だな・・・って思うんですよ。(笑)

 

【スポンサードリンク】

 

さて、「ラスト・ナイツ」は、武士道が騎士道に変わった物語です。
ただし、「忠臣蔵」で登場するおなじみのシーン(名場面)は、殆どありません。

浅野内匠頭(バルトーク卿)が吉良上野介(ギザ・モット)の執拗ないやがらせに、追い詰められるシーンとか、大石内蔵助(ライデン)と浅野の妻・瑤泉院の「南部坂 雪の別れ」とか・・・

日本の「忠臣蔵」をスリムにまとめた、本当に分かりやすい勧善懲悪ものになっています。

また、「忠臣蔵」とは違った部分も多いです。

バルトーク卿は、皇帝の命令でライデンに殺されることになります。(予告編に出て来ますね)

四十七士は、吉良邸での討ち入りで誰一人として死にませんでしたが、「ラスト・ナイツ」では、結構殺られてしまいます。

「忠臣蔵」のラストでは、四十七士が全員切腹するのに、「ラスト・ナイツ」ではライデンだけが処刑されることに・・・

全く同じでは、面白味がありませんからね。
この辺りは、上手く作り替えたと思います。

私の「ラスト・ナイツ」の評価は、「まずまず・・・意外と良かった!」といったところでしょうか。

ライデン役のクライヴ・オーウェンと、バルトーク卿役のモーガン・フリーマンは、さすがの安定感。
ライデン隊長は、文句なしにカッコよかったです!

ところで、この映画には日本人俳優の伊原剛志さんも出演しています。
敵役・ギザ・モットに仕える、剣士イトー役ですね。

「忠臣蔵」では清水一学に当たる役ですが、出番も多かったし、ライデンとの一騎打ちのシーンもあるので、かなり奮闘していました。

ただ、ライデンに対する、あのバレバレの尾行はちょっと・・・(苦笑)
アニメチックな髪型も気になりました。

映画は、全体的に暗闇のシーンが多くて、城攻めの時は敵だか味方だかよく分からない状態になります。
他の作品でも言えることなのですが、こういうシーンて、もう少し何とかならないもんですかね?

個人的には、アジアンテイストな雰囲気も、良かったのか悪かったのか疑問が残るところです。
中世のヨーロッパを舞台にしているのでしょうが・・・
これ、架空の国なんですよね!?

監督が紀里谷和明さんですから、頷けないこともないのですが・・・
まぁ、ツッコミどころは満載です。(笑)

それでも、映画自体は上手く仕上がっていたと思います。
クリフ・カーティスが演じている副官のコルテスも、ライデンに次いで魅力でしたし♪

私自身は、「ラスト・ナイツ」に関してはそこそこの高評価をしていますが、アメリカでの評価はどうかと言うと・・・

悪くもないし、飛び抜けて良くもない。
そこそこいい方なのではないか・・・という、一定レベルの評価はされているようですよ。

それにしても、改めて「忠臣蔵」ってスゴイ話なんだなと思いました。
「ラスト・ナイツ」より、「忠臣蔵」の方がより深くて繊細です。

そう言えば、今年も“忠臣蔵の季節”が近づいて来ているんですね。
毎年、「今年こそは泉岳寺(赤穂浪士が葬られている)に行ってみよう!」と思っているのに、今年も行けませんでした。(苦笑)

 

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*