下町ロケットのロケ地はここだ!佃製作所は大田区にあるらしい

下町ロケットのロケ地はここだ!佃製作所は大田区にあるらしい

10月に入ると、新ドラマが続々とスタートしますね。

私が一番楽しみにしているのは、日曜劇場の「下町ロケット」
10月18日(日)夜9時からスタートですよ。

日曜劇場と言えば、「天皇の料理番」や「ナポレオンの村」など、心をグイッと掴む感動的なドラマを立て続けに放送して来ました。

ここに来て、あの池井戸潤さん原作の「下町ロケット」とくれば・・・
期待しないわけがありません!

今回は、ロケ地情報を中心に、新ドラマ「下町ロケット」について書いていきたいと思います。

 

【スポンサードリンク】

 

ドラマ「下町ロケット」の原作は、池井戸潤の直木賞受賞作品!

それではまず、ロケ地情報に入る前に・・・
「下町ロケット」の原作について、ご紹介させていただきますね。

この作品の原作者は、あの池井戸潤さんです。

小学館刊の「週刊ポスト」で連載されていました。
(2008年4月18日号~2009年5月22日号まで)

2010年11月24日に、訂正と加筆がされた後、単行本が発売。
2013年12月21日には、文庫本が発売されました。

第145回直木三十五賞受賞作品であり、第24回山本周五郎賞候補作品でもあります。

私がこの「下町ロケット」を読んだのは、直木賞を受賞して割とすぐだったと記憶しています。

ある日、父が「第145回直木賞受賞作」という帯の付いた、ハードカバーの本を買って来ました。
それが、「下町ロケット」だったんですね。

「これ、なかなか面白いよ」

そう父に言われて、興味を持って借りました。
私が池井戸作品を読んだのは、この「下町ロケット」が初めてでした。

仕事が忙しい時期だったにもかかわらず、アッという間に読破!
面白い小説って、続きが気になって無理してでも読んじゃうんですよね。
(反対に、つまらないと遅々として進まない!)

この作品は、夢とプライドを懸けた男たちの闘いが描かれています。

以下は、ドラマの第1話になるであろう内容を、簡単にご紹介しておきます。

宇宙科学開発機構を辞めた佃航平は、父親の残した町工場・佃製作所の後を継ぎます。
しかし、宇宙への夢を諦め切れず、ロケットエンジンの開発を続けていました。

ある日、佃製作所は大手取引先の京浜マシナリーから、突然の取引中止を宣告されます。
佃が資金繰りに頭を抱える中、追い打ちをかけるように、ライバル企業のナカシマ工業から特許侵害で訴えられてしまい・・・!

白水銀行からは融資を断わられ、法廷戦略に長けたナカシマ工業が相手では、たとえ勝訴の見通しはあっても、裁判の長期化で資金不足による倒産は避けられそうもなく・・・

下町の工場を舞台に、主人公・佃航平が困難を乗り越えながら、仲間たちと夢を追い求める姿が感動的です。

その佃航平を演じるのは、阿部寛さん。

ちなみに、「下町ロケット」のドラマ化は、初めてではありません。
2011年8月に、WOWOWの連続ドラマWで放送されていました。

この時、佃航平役を演じたのは、三上博史さんですね。
(残念ながら、私はこのドラマは見ていません。当時はWOWOWを契約していなかったので)

また2012年には、ドラマスペシャルとしてラジオドラマ化されました。
(主演・風間杜夫)

そして、新ドラマの放送と同じ10月から、朝日新聞で「下町ロケット」の続編が新連載としてスタートするそうです。
何でも新連載される内容が、このドラマの後半からお目見えするようですよ。
新聞とテレビの同時進行というわけですね。

いったい、どんな「下町ロケット」になるのでしょうか?
非常に楽しみです♪

私は、新たにドラマ化されると聞いて、久しぶりに原作の「下町ロケット」を読み直しました。

やっぱり、面白い!
阿部寛さんが、どんな佃社長を演じてくれるのか・・・
今から、ワクワクしています。

 

【スポンサードリンク】

 

「下町ロケット」のロケ地・佃製作所は大田区にあった!

それでは、本題の「下町ロケット」ロケ地情報です。

まず最初に、佃製作所の場所ですが・・・
どうやら、東京都大田区のようですね。

9月13日の番組ツイッターに、「大田区にある工場で撮影中です!」と投稿されていましたから。

大田区って、下町なんですか?
初めて知りました。
東京都23区内では、最南部に位置する区ですよね。
羽田空港がある・・・という印象です。

何処の工場なのかまでは分かりませんが、上池台という情報がツイッターに出ていましたよ。

※追記:コメントで、佃製作所のロケ地は、大田区矢口の桂川精螺だと教えていただきました。
ありがとうございます!!

また、ツイッターから分かったのは、白水銀行のロケ地。
東京都中央区日本橋本石3丁目にある山口銀行東京支店と、東京都千代田区内神田2丁目にある武蔵野銀行東京支店が使われているようです。

この他、エキストラの募集で分かったロケ地は、

・東京都清瀬市
・茨城県つくば市
・岐阜県土岐市

また、ロケ地として絶対に上がって来るであろう、鹿児島県種子島です。
ロケットの打ち上げ、ここで行われますからね!

千葉県外房などでも、ロケが行なわれるようですよ。

第1話では、阿部寛さんがボウリングをするシーンがあります。
佃社長がガーターを出して、態勢を保ったまま、悔しそうな顔をするんですが、このシーンは、東京都港区芝浦TOKYO PORT BOWL(東京ポートボウル)で撮影されました。

その他、東京都江東区東陽にある、ホテルイースト21東京でも、ロケが行われたという情報があります。

今回の新ドラマ「下町ロケット」に、イヤでも期待がかかりますね!

 

【スポンサードリンク】

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by マルセイ

    佃製作所は、大田区矢口の桂川精螺です。

  2. by minami

    マルセイさんへ

    コメント、ありがとうございます♪

    大田区の矢口ですか!
    「桂川精螺」で検索してみたら、確かに佃製作所の外観ぽいものが出て来ました!!(笑)

    情報をありがとうございます。

    ドラマ、なかなか面白いですね。
    今後の展開が楽しみです♪

  3. by パッドカルマ

    @badkarma_wax ジモティーなので写真撮ってきましたよ。

  4. by minami

    パッドカルマさんへ

    コメント、ありがとうございます!

    素敵なお写真、撮れましたか?
    私も近くだったら、撮りに行っちゃうんだけどなぁ♪

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*