金縛りの原因は幽霊じゃない!解き方や対策をしっかりと覚えておこう

金縛りの原因は幽霊じゃない!解き方や対策をしっかりと覚えておこう

中学生の時、クラスメイトの女の子たちが
「昨夜、金縛りになっちゃった!」
「あ、私もなることあるよ!」
「あれって、怖いよねぇ~!」
と、よく話していました。

私が不思議そうな顔をしていると、
「ひょっとして、金縛りになったことないの!?幸せだねぇ~」
と、ちょっと馬鹿にされたような言われ方をしたものです。

そう、私は生まれてこの方、金縛りになったことが一度もありません。

彼女たちは、あたかも自分たちには霊感があるようかのように「怖いよね」と言いながら、何だか自慢している風だったのが、未だに忘れられません。

私としては、本当に霊の影響で金縛りになっているのなら、霊障を受けているということで、自慢出来るようなことではないと思っていましたが。

ところで、大人になってから知りました。
金縛りの原因は幽霊ではなく、一種の睡眠障害であるということが科学的に証明されているんです。
医学的には、「睡眠麻痺」という状態のことを言うのだそうです。

今回は、金縛りの原因や解き方・対策について書いてみたいと思います。

 

【スポンサードリンク】

 

金縛りってどんな症状が起こるの?

さて、私自身は金縛りになったことがないので、残念ながら自らの体験談を交えて話すことが出来ません。
ですので、一般的な経験者の話をまとめてみました。

金縛りの症状には、以下のようなものがあります。

①意識はあるのに、突然、体を動かすことが出来なくなる。
②上手く呼吸が出来ない。
③目を閉じることが出来ない。
④声を出すことが出来ない。
⑤耳鳴りがしたり、幻聴が聞こえたりする。
⑥誰かに乗られているような気がする。
⑦幽霊(幻覚)が見える。

この7つの症状だけみれば、まさに幽霊に襲われているような状態ですよね。
しかし、金縛りの原因には、こんなものがあったんです。

 

金縛りの原因は何?

金縛りの一番の原因は、睡眠のリズムが大きく関係していると言われています。
ご存じかとは思いますが、人にはノンレム睡眠とレム睡眠という、2つのリズムがあります。

ノンレム睡眠・・・脳は眠っていて、体は起きている。深い眠りの状態。
レム睡眠・・・体は眠っていて、脳は起きている。浅い眠りの状態。

人は、ノンレム睡眠からレム睡眠という順番で眠りに入ります。

ところが、この順番が逆になってしまったために、脳は起きている(意識はある)のに、体を動かすことが出来ない・・・いわゆる「金縛り」という現象が起きるのです。

まさに、睡眠麻痺!

⑦の幽霊(幻覚)が見えるというのは、このレム睡眠中です。
体は眠っているから動けない・・・
しかし、脳は起きているから幽霊(夢)が見えるというわけなんですね。
※夢を見るのは、レム睡眠中です。

さて、これで、医学的な金縛りの原因は分かりました。
次は、日常的な金縛りの原因を見ていきましょう。

 

【スポンサードリンク】

 

その1.仰向けで寝る

睡眠時の姿勢として、仰向けで寝ると金縛りが起こる可能性が高くなります。
仰向けは体が緩みやすく、レム睡眠に入りやすいんですね。
横向きかうつ伏せで寝た方が、金縛りにはなりません。

余談ですが、私は仰向けで寝るのが苦手です。
(だから、金縛りにならないのかも!?)
通常は横向きで、夏は抱き枕なども使っています。

その2.疲れ過ぎや睡眠不足

疲労がたまると、睡眠のリズムが崩れがちになります。
徹夜や、夜間仕事をしていて、仮眠を取っている最中に金縛りになるというパターンも多いですね。

また、寝過ぎもよくありません。
毎日の睡眠バランスを、一度見直してみましょう。

その3.ストレス

ストレスは、心にも体にもよくありません。
脳はストレスを感じると、副腎皮質刺激ホルモンを分泌し、体が緊張状態になります。
その結果、睡眠のバランスを崩してしまうのです。

なるべく、リラックスするように心がけましょう。

その4.就寝時の環境

質の良い睡眠と、正しい睡眠バランスを保つために、就寝時の環境を整えましょう。

枕が高過ぎたり、低過ぎたり・・・
ベッドが柔らか過ぎたり、掛布団が重過ぎるのもよくありません。
肌触りのよいパジャマに身を包み、気持ちよく眠れるようにしましょう。

その5.旅行

旅先で金縛りになる方も、多いようですね。

旅行中は、楽しくて興奮したりするもの。
この興奮状態が、金縛りの原因になることもあります。
脳が興奮したままの状態で眠ることになるので、睡眠のバランスが崩れるのです。

また、時差ボケも問題ですね。

旅行中もグッスリ眠れるように、アロマを焚く、リラックス出来る音楽を聴くなどの工夫をするようにしましょう。

その6.スマートフォン

最近は、四六時中スマホを手放せない人がいるようですが・・・
寝る前にスマホをいじるのは、オススメ出来ません。
暗い所でスマホを見ていると、脳が活性化してしまうのです。

少なくとも、寝る1時間前には、スマホを見るのはやめましょう。

その7.ナルコレプシーという病気

金縛りには、病気が隠れていることもありますのでご注意下さい。

ナルコレプシーという過眠病があります。
日中、何かしているにもかかわらず、強い眠気に襲われるという脳疾患です。

週に一回以上金縛りになったり、頻繁に幻覚を見るようなら、ちょっと危険ですね。
もしかしたら・・・と思われる方は、一度病院(心療内科・精神科)に行くことをオススメします。

 

金縛りの解き方と対策を伝授!

金縛りの原因が分かって、睡眠バランスも見直しました。
それでも、金縛りになった時は、どう対処したらいいのでしょうか?

以下、金縛りの解き方と対策です。
是非、しっかりと頭に叩き込んで下さいね。

①一部でも身体の動かせる部分があれば、ゆっくりと動かす。
②目を動かす。
③深呼吸をする。
④「これは夢だ」と思って、もう一度寝る。

どうですか?
簡単ですね。
すぐに覚えられると思います。

金縛りになると、心霊現象だと思って恐怖心を感じるかもしれませんが、とにかく心を落ち着けて、気楽にポジティブに考えた方がいいです。

金縛りにあった時は、「あぁ、睡眠バランスが崩れているんだなぁ」と思うようにして下さいね。

今の私なら、中学時代のあのクラスメイト達に、
「金縛りって、幽霊の仕業じゃないよ。あなたの睡眠バランスが崩れているだけ!科学的にも医学的にも、証明されているんだよ」
と言ってやれたのになぁ・・・

なんてね!

以上、金縛りの原因と解き方・対策についてご紹介しました。

 

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*