モテる女のメール&LINE術!意中の人とはLINEではなくメールの方がいい理由

モテる女のメール&LINE術!意中の人とはLINEではなくメールの方がいい理由

「彼の胃袋をつかむ」という言葉がありますが・・・
意中の人を振り向かせるのに必要なテクニックは、胃袋だけではありません。

メールやLINEにも、ちょっとした手練手管があるのをご存じですか?

これからご紹介するのは、「モテる女のメール&LINE術」です。

私も、モテ女である友人からアドバイスを受けて、実践したことがあります。
ふっふっふ・・・♪
これが、上手いこといったんですよ!

と言っても、残念ながらその彼とは、去年別れてしまったんですけどね。
(性格の不一致というヤツ?)

これからお伝えする「モテる女のメール&LINE術」を、(おっ、いいかも!)と思われたら、是非使ってみて下さいね。

 

【スポンサードリンク】

 

メールやLINEでやらない方がいいこととは?

それではまず、メールやLINEでやらない方がいいことから、ご紹介させていただきます。

あなたは、こんなメールやLINEを送ってはいませんか?
意中の人には、絶対にNGですよ!

①愚痴

愚痴は、言っても聞いても良くありません。
風水では、どちらも「運気が下がる」と言われていますね。
ましてや、メールやLINEでは、いつまでもその文章が残ってしまいます。

愚痴を聞きたい人なんて、いないはず・・・
好きな相手に、愚痴を言うのは絶対に避けたいものです。
(まだつき合っていない状況では、尚更です)

②文章が長すぎる

女性は、長文を打つ方が多いですが、男性にとってのメールやLINEは、用件を伝えたり、確認したりするツールです。

あまり文章が長すぎると、読むのが「メンドクサイ」と思われてしまいます。
特に、年齢が上れば上がるほど、その傾向が強いようです。

③質問が多い

男性は、沢山質問が書いてあると覚えられません。
そしてこれも、「メンドクサイ」と思われてしまいがち。

「?」の多いメールは嫌がられるので、質問は1つか2つに留めておきましょう。
毎回質問ばかりしていると、「返事をもらいたいから、必死なのかな」と思われてしまいますよ。

また反対に、「?」のない質問は、割と喜ばれます。

「この前、連れて行ってもらったお店、名前は忘れちゃったけど雰囲気よかったよね」とか、「観たい映画があったら、教えてね」とか。
こういった質問は、直接的な会話でも好感度が上がります。

 

メール2

 

④意味が分からない

男性は、ちゃんと言わないと(書かないと)分からない生き物です。
特に、意味の分からないメールやLINEを送ったりすると、返信に困ってしまいます。

ツイッターでつぶやいているような文章を送って、「だから何?」と思われては大変ですね。

⑤絵文字が多い、または全くない

絵文字が全くないのは、味気ないですね。
逆に、絵文字ばかりのメール(LINE)を嫌う男性も、少なくありません。

程よく・・・と言いたいところですが、よく分からない場合は、最初は絵文字を少しだけ使ってみて下さい。
その後のやり取りで、相手の様子を見ながら、絵文字の適量を測って下さいね。

⑥すぐに返信する

すぐに返信するのは、実はあまりよくありません。
相手は「俺にゾッコンなんだな」とか、「よっぽどヒマなのかな」と思ってしまいます。

また相手からの返信が来る前に、何度も送るのはNGです。
男性は、簡単に手に入る女にあまり価値を感じません。

では、どのくらい間を開けて返信するのがベストなのでしょうか?

最低、30分は開けましょう。
ただし、その日のうちには必ず返信すること。
返信が遅すぎるのも逆効果になりますから、気を付けて下さい。

 

【スポンサードリンク】

 

モテる女のメール&LINE術!

一般的に、男性は女性ほどメールやLINEをマメにしません。

「つき合う前(つき合い始め)は、もっとくれたのに!」

女性はそう思っても、男性の愛情はメールやLINEの頻度では推し量れないのです。
(要するに、男とはそういう生き物なのです!)

20代ならともかく、アラサー女子なら、回数は考えたいものですね。

また、返事の強要も厳禁です!
「どうして返信してくれないの!?」
この台詞は、相手にウザイと思われます。

逆に、返信してくれた時は、素直に喜びましょう。
そしてその気持ちを伝えれば、相手の対応も変わってきます。

元来、男性は女性を喜ばせたいと思っています。
喜びを表すことで、相手も嬉しくなりますから、ここでモテ女度が上りますよ!

男性へのメールやLINEは、用件を具体的に書きましょう。

女性はとりとめもない話が好きですが、男性はこれが大の苦手。
「だから、何なの?」となってしまいます。

「YES」か「NO」で答えられる文章の方が、男性にはいいのです。

 

メール3

 

意中の人とはLINEではなくメールの方がいい理由

LINEは、メールよりも手軽に文章が送れますが、
「既読になっているに、返事が来ない!」とか、「返信はスタンプだけ?」とガックリすることもありますよね。

いわゆる、“LINEストレス”というヤツです。

実は、メールとLINEは使い分けた方がベスト。
特に意中の人とは、LINEではなくメールを使った方がいいんですよ。

男性側の心理として、真剣につき合う女性は、やはり真面目な人がいいと思っています。
「LINEじゃなくて、メールにしよう」とか、「大切な人とのやりとりは、メールにしたい」
そう提案されると、思わず嬉しくなるという男性が、意外にも多いんですよ。
(LINEよりメールの方が、真面目な女性をアピール出来るのだそうです)

また、メールには既読機能がないので、そういったストレスも解消されます。

驚くべきことに、メールの方が早く返信が来るという結果も出ているんですよ!

これは、LINEだとつい「既読になってるから、もういいんだよね」と思われてしまうことでも、メールではそうはいかないと、すぐに返事が来るというわけなんです。
しかも、LINEより丁寧な文章で!!

LINEは本当に便利でお手軽ですが、そんな中だからこそ、メールの方が特別感が出るのかもしれませんね。

私は、メールとLINEの使い分けまではしませんでしたが、この話を聞いて「なるほどな」と思いました。
モテ女になるべく一つの手法として、覚えておいて損はないと思います。

 

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*