映画「ファンタスティック・フォー」(2015)の評価はメッチャ低いけど、スーザンは可愛かったよ!

映画「ファンタスティック・フォー」(2015)の評価はメッチャ低いけど、スーザンは可愛かったよ!

映画「ファンタスティック・フォー」を観て来ました。

この作品の原作は、マーベル・コミック刊行のアメリカン・コミックス。

2005年に「ファンタスティック・フォー[超能力ユニット]が、2007年には「ファンタスティック・フォー:銀河の危機」が公開されました。

今回の2015年版「ファンタスティック・フォー」は、新たに制作されたリメイク・・・というか、リブート作品ですね。

※リブート・・・コンピューターのように“再起動”して、“白紙からやり直す”こと。

私は、前の2作は観ていません。
興味はあったものの、「そのうち、DVDを借りて・・・」と思っているうちに、月日が流れてしまいました。(苦笑)

なので、今回公開された「ファンタスティック・フォー」は、「絶対に観なくちゃ!」という使命感みたいなものがあったのです。

公開前、ネットのレビューを見てみると・・・
これには、超ビックリ!
評価が、メッチャ低いんですよね!!

「何?そんなに酷いの!?」と劇場に行くのを迷いましたが・・・
やはり自分の目で確かめなくてはと、足を運びましたよ。

 

【スポンサードリンク】

 

「ファンタスティック・フォー」(2015)はマーベル史上最低か!?評価が低すぎる!

実はこの「ファンタスティック・フォー」、企画段階からかなりモメていました。

監督のジョシュ・トランクと、20世紀フォックス間では、キャスティングや脚本に関して、様々な対立があったのだとか。

ジョシュ・トランクの意向に沿わなくなったシーンもいくつかあって、「監督は、降板させられているのではないか」という噂が流れたくらいです。

また、ジョシュ・トランクと主演のマイルズ・テラーが、撮影中に殴り合いのケンカをしたというトラブルまで起こり、制作現場は大変だったようですよ。

公開前から、ここまで評判が悪かった映画は、珍しいのではないでしょうか?

公開前と言えば、先に公開されていた海外での評価も酷いものでした。

・ストーリーが薄い。
・脚本が悪い。
・展開がダラダラ。
・キャスティングが悪い。
・クライマックスが退屈。
・予告編からして最悪。

うーん・・・
これは、確かに手厳しいですね。(汗!)

特に、原作ファンからの評価が低かったようです。
「前作を超えることは出来ていない」という意見もありました。

その後、公開された日本での評価も、散々たるもの!

でも、私自身の評価は、そんなに低くはないですよ。
これ、そんなに酷い映画でしょうか!?

前述した通り、前の2作は観ていないので、比較することは出来ませんが・・・

他のマーベル作品に比べて、アクションシーンは少ないものの、ドラマ性に主軸を置いている感じはよかったと思います。

キャストについても、まぁ地味と言えば地味ですが・・・
カッコよすぎない分、身近なヒーローという雰囲気で、悪くはなかったですよ。

スーザン役のケイト・マーラは、個人的には凄くよかった!
何て言うんだろ、雰囲気が可愛いんですよね。

スーザン

スー(スーザン)は、聡明で美しくて、とてもチャーミングな女性。
彼女が得た能力は、自らを透明にして、自分の周りにバリアーを張ることが出来るというもので、もちろん空も飛べます。

周りの男性が普通っぽい分、彼女の存在が引き立つんですよね♪

(吹き替え版では、堀北真希さんがスーを演じたそうですね。どうだったのかな?)

映像のクオリティも、それなりに高かったと思うし・・・
「つまらない」と思えないのは、原作も前作も知らない人間の強みでしょうか?

ただ、ファンタスティックではないと思いますけどね!

 

【スポンサードリンク】

 

「ファンタスティック・フォー」で一番かわいそうなのはベン!

この映画「ファンタスティック・フォー」(2015)は、友人と観に行きました。
彼女も原作・前作知らずの初心者です。

鑑賞後、2人で色々な意見を言い合いましたが(これが楽しい!)、双方一致したのが、
「この映画で、一番かわいそうなのはベンだよね!」
ということ。

ファンタスティック・フォーのメンバーで、人間としての姿を失ってしまったのは、このベン(ジェイミー・ベル)だけです。

しかも、あんなゴツゴツした岩のような身体になってしまい・・・
これがかわいそうでなくて、何なのでしょう!

※彼の能力は、岩のような身体による戦闘能力。もの凄い防御力と怪力を発揮します。

ファンタスティックフォー

いわば、ベンはとばっちりを受けた被害者です。
親友のリードに誘われて、本格的な転移装置で異次元空間“プラネット・ゼロ”に転送されてしまい、特殊能力は得たものの、ハルクの岩版のような姿になってしまいます。

ハルクは人間の姿に戻れますが、ベンはずっと岩男のままですからね。

メンバーは、「元の身体に戻る」ことを望んでいます。
しかし、リード、ジョニー、スーの3人は、その能力さえ消えれば問題はありません。

でもベンは・・・?

能力が消えて、ちゃんと元の姿に戻れるのでしょうか??
他のメンバーより、大きなリスクを抱えている気がします。

あ、つい熱くなっちゃいましたが・・・
ベンについては、友人とかなりヒートアップしてしまいました。(笑)

映画ですので、そんなに心配することではないんでしょうけど、やっぱりあれは悲惨すぎますよ!
一気に、2人のアラサー女性から同情を受けちゃいましたね。(笑)

私としては、続編が作られたら、やっぱり観に行くと思います。
そして、改めて「前の2作を観なくちゃ!」と思ってしまいました。

 

【スポンサードリンク】

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*